坐骨神経痛

☑ お尻から太もも、ふくらはぎ、足先にかけて痺れる

☑ 歩くと脚に痛みが出て歩きづらい

☑ 座っているとビリビリ脚がしびれつらい 

☑ 顔を洗う姿勢など前かがみで悪化する

☑ 足の感覚が鈍く力が入らない

☑ 注射や薬を使っても長年、坐骨神経痛で悩まれている

なぜ坐骨神経痛になってしまうのか?

 名古屋市南区のスマイル鍼灸接骨院でも坐骨神経痛に悩まされて来院される方はたくさんいらっしゃいます。

 当院にいらっしゃる患者様にお聞きしていると多くの方が「病院で坐骨神経痛という『病名』を言われ通っていたけれどもなかなか良くならなかった」とおっしゃいます。

 勘違いされていることが多いのですが、実際は坐骨神経痛というのは『病名』ではなくて『症状』になります。

 坐骨神経という人体の中で最も太い神経に圧迫感が生じ痺れや痛みが発生することを坐骨神経痛といいます。

 坐骨神経を圧迫する場所によってそれぞれ病名も変わってきます。

 腰椎と腰椎との間から椎間板が突出してしまい神経を圧迫する『腰椎椎間板ヘルニア』や、臀部の梨状筋と言う筋肉によって坐骨神経が圧迫されてしまったことにより発生する『梨状筋症候群』などが坐骨神経痛の原因であることが多いです。

 他にも『脊柱管狭窄症』や『変形性腰椎症』なども坐骨神経痛の原因になります。

 

 ここでは骨の変形や椎間板等に異常がないのに、症状が現われてしまうれるケースについてお話させていただきます。 

 レントゲンやMRIに異常がないにも関わらず坐骨神経痛の症状が出てしまうケースがあります。

 こういうことがなぜ起きてしまうかと言うと、これは腰椎への歪みや捻じれが生じているからです。

 専門的に申し上げますと腰骨一つ一つを繋いでいくものが腰椎と言います。

 腰椎自体は一個ずつ繋がっているところ一つ一つに関節があります。

 それを腰椎椎間関節と言います。

 坐骨神経痛はその腰椎の椎間関節に歪みや捻れが生じ正常に機能せず正しく動いていない状態を意味します。

 

 例えば坐骨神経痛の皆様がよくおっしゃられるのは、おしりから太ももの後ろを通ってふくらはぎが引きつり足先がしびれ痛みが出るケースです。

 この部分の痛みは腰骨下部の第5腰椎の下から出ている神経に圧迫などの負荷がかかることによって発生します。

 その負荷の原因が腰椎椎間関節の機能障害です。

 腰椎にある椎間関節は、正常であれば関節同士が滑らかに正常に動くことにより、伸びたり縮んだり開いたり閉じたりする動きをします。

 しかし、何らかの原因でこの部分が正常に連動して動かなくなってしまった状態が、腰椎椎間関節の機能障害です。

 これが起こることで腰椎から出ている神経が圧迫され異常が起こります。

 

 そして 圧迫されている支配神経の領域ごとに、痺れやひきつり・痛みなどが出てくる領域も異なります。

 例えば、第5腰椎と仙骨の間から出ている神経レベルに対して負荷がかかってしまうことにより、殿部から出て太ももの後ろを通りふくらはぎにかけて走行している坐骨神経の支配神経領域に痛みやしびれなどのが出てきてしまうといった具合です。

 

 そして腰椎の椎間関節は腰椎5個に応じてあります。

 そのどこかで神経が圧迫されることによって脚に出る神経痛やしびれなどがでるエリアがそれぞれ変わってきます。

 ですから腰骨の上の方で神経が圧迫された場合などによって足のすねや足の甲にしびれや痛みを感じられる方もいらっしゃいます。

坐骨神経痛の施術方法

 名古屋市南区のスマイル鍼灸接骨院では、筋膜リリースで引きつった表層筋肉の緊張をやわらげ深部に掛けての筋肉のバランス調整をして施術が浸透しやすい下地を作ってから、土台の部分の仙腸関節の機能を矯正していきます。

 仙腸関節が正常に機能していないと背骨である腰椎椎間関節も正常な連動が失われた状態になっているケースがよくあるからです。

 その機能を失った状態によって脚に向かって行く神経が圧迫されるために症状が出てくるのです。 

 

 また仙腸関節に異常がなくても坐骨神経痛が起こることはあります。

 それは神経自体が別の原因で圧迫されてしまっていることで症状が出ていることになりますから、その時にはその根本の原因にアプローチして改善にいざないます。

 鑑別のためにも仙腸関節の状態をチェックする必要があります。 

 検査後、仙腸関節に機能低下が認められたら、まず仙腸関節の関節機能矯正を行います。

 仙腸関節が機能矯正されると腰仙関節の動きが滑らかになって腰椎椎間関節の機能も改善し始めます。 

 

 名古屋市南区のスマイル鍼灸接骨院の関節機能矯正は、仙腸関節だけではなく腰仙関節や腰椎椎間関節に対してもアプローチすることができます。

 具体的には、椎間関節を開くように動かし緩める施術を行います。

 そうすることで腰椎の歪みや捻じれが無くなり坐骨神経に対してのストレスや圧迫から解放されることになり、症状が軽減し改善するのです。

 

 もし、これらの施術例で気がかりな点がございましたら名古屋市南区のスマイル鍼灸接骨院までお気軽にご相談下さい。 

受付時間

 
午前 -
午後 -

○予約優先 □完全予約制

【月・火・木・金】
○8:30~12:00
○15:30~20:00
※受付終了30分前にはご来院ください。過ぎるようであれば電話にてお問い合わせください。

【水・土】
○8:30~13:00
□15:00~18:00(完全予約制)
※予約状況によって21:00まで対応する日あり

【月~土】
※交通事故被害者の方に限り、ご予約の上21:00まで対応

【定休日】
日・祝

所在地

〒457-0846
愛知県名古屋市南区
道徳通3丁目7

052-694-0155

料金・地図・アクセス

PageTop