脊柱管狭窄

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

立ち上がり歩き始めると 腰や脚に激痛が走る

腰が寝返りができないぐらい痛い

寝てて起き上がると痛みで動けない

脚に痛みやしびれがあり動き出すと悪化する

脊柱管狭窄の痛みで手術をすすめられている

手術や薬を飲んでも変化がなく悩んでいる

病院で脊柱管狭窄症だと言われた

脊柱管狭窄について

 腰の脊柱管狭窄は、腰やお尻、脚に痛みや痺れが出てきて場合によっては 痛みから歩行が困難になる間欠性跛行という症状を起こすことがあります。

 病院でレントゲンなどの検査を受けて脊柱管狭窄と診断され痛みや痺れが長期間いろんなリハビリや施術をしても改善せず、もう治らないのではとあきらめがちの方もおられます。

 脊柱管狭窄症と診断されでも大半は、しっかりと施術すれば快方する症状です。

 ですから、脊柱管狭窄でお悩みの方は名古屋市南区のスマイル鍼灸接骨院に是非ご来院ください。

 ずっと悩まされていたが当院での施術を受け改善され喜ばれた方がたくさんいらっしゃいます。

脊柱管狭窄とは

 腰部の脊髄が納まっている「脊柱管」の一部が通常よりも狭くなり神経や血管などが圧迫されることによって起こった腰やお尻、脚などの不調が出てきてしまった状態のことを言います。

 加齢により脊柱管が変化して発生するといわれており進行すると200mほど歩くと足が疲れ途中で休み休みしないと歩けない『間欠性破行』という症状が特徴的で、足がしびれるなどといった状態が現れます。

 脊柱管で狭まった神経や血管が圧迫されることが原因で発生するため、前傾姿勢で少しでも圧迫を解放してあげるとつらい状態を和らげるようになるのが典型的な症状です。

 ただ、最近は病院で脊柱管狭窄と診断された方の中には歩き始めからすぐに痛かったり起き上がるときに痛みを感じる方も多くいらっしゃいます。

 そのような状態の方は積極的に施術をされることをおすすめします。

 生活に支障をきたすほどの歩行困難、排尿障害、便秘(排便障害)など状態が悪化すれば手術適用のケースになってくることもありますので、そうならないためのリハビリも大切になってきます。

 名古屋市南区のスマイル鍼灸接骨院では、脊柱管狭窄に対する適切な施術とアドバイスを行い、手術しないで解消する根本施術や筋肉トレなどで身体作りまでサポートしております。

脊柱管狭窄の施術法

 名古屋市南区のスマイル鍼灸接骨院の脊柱管狭窄の施術法は、

①メディセル筋膜リリース

 こわばってスムーズに動かなくなってしまった身体の表層部から筋膜・筋肉までを優しく緩め身体の柔軟性を取り戻し固まってしまって圧迫感で動かしづらい状態を解消し、またそのあとにアプローチする深部の筋肉や関節に刺激が浸透しやすい状態にすることによりお身体が軽く動くことを実感していただくまでもっていきます。

 

②関節機能矯正

 仙腸関節は背骨の土台となる場所に位置していることから身体の他の関節の動きを感知しコントロールする機能もあると言われています。

 ですから当院では、まず仙腸関節からアプローチしてまいります。

 『仙腸関節の関節機能のズレをリセットしてその可動域を再起動して関節機能を正常に動くように取り戻す』ことで、腰仙関節や腰椎の関節も正常な連動動作ができるようになることで腰から脚に出ている痛みや痺れなどの不調を軽減させ、まずはお身体が動きやすい状態までお身体の調子を整えます。

 ただ、長く歩けないが少し休むとまた歩けるというような間欠性跛行のある方は、腰椎の弯曲に問題があると考えられますので、その弯曲の状態をチェックさせていただき、弯曲異常がある方には、それを正常に促す施術と自宅でも行える体操の指導をさせていただきます。

 そうすることで早期の回復を目指せます。

 

 ただ、それだけではしっかり改善しないので次のステップとして、一見、脊柱管狭窄症とは関係ないような場所をアプローチしていきます。 

 それは痛みが出ている場所が直接原因になっていることもありますが、本当の原因は別の場所にあることもあります。

 例えば、ひどい肩こりからの頭痛があった時には頭に原因ないが肩こりで頭痛が起こっているというような状態は、本当に悪いのは肩こりが原因であり頭ではありません。

 要するに、いくら頭だけを施術をしても回復しないのと同じです。

 実際に痛みが出ている場所が本当の痛みの原因ではないことは、実は非常に多くあります。

 ですから、当院では次に、『肋椎関節』といって胸椎と肋骨をつなぐ関節が正常に感知できるようにコントロールする刺激を送って骨盤から肋骨の連動動作を正常化するアプローチをしてまいります。

 実は『肋椎関節』の機能障害が脊柱管狭窄での身体を動かす時の激痛の原因となっていることが多いことから原因である肋椎関節の連動動作のエラーを取り除いて行きます。

 

③筋肉バランス調整

 あと筋肉の硬さから症状が残っている場合は筋肉のバランス調整にて筋繊維レベルの圧迫感を解放し取り除く施術で最後の微調整をしていきます。

 また、筋肉のバランス調整は手術を受けたのに痛みやしびれが回復しなかったり、手術後、数年経過した後で脊柱管の狭窄がなくなったにもかかわらず再度、痛みがぶり返してしまった方にも有効な施術法です。

 

 当接骨院ではこのように3段階にステップアップする施術で脊柱管狭窄から来る痛みを解消していきます。

 もし、この文章を読んで該当したり気になったり興味のある方は是非、名古屋市南区のスマイル鍼灸接骨院に ご来院ください。

 また、気がかりな点がございましたらお気軽にお電話にてご相談下さい。

朝起きたり、椅子から起き上がって立っていられなくなる症状がありますが、対応したことありますか?
 そのような患者様を今まで多数見てきて、朝起きることができるようになったり、旅行や自分の趣味の運動ができるほどまで回復された患者様が多数いらっしゃいます。
歩いてすぐに足がひきつって動けない脊柱管狭窄症の症状について、対応されたことはありますか?
 足をひきつって歩行困難な方が1回の施術で杖なしで帰宅できるほど、改善された方もいらっしゃいます。

受付時間

 
午前 -
午後 -

○予約優先 □完全予約制

【月・火・木・金】
○8:30~12:00
○15:30~20:00
※受付終了30分前にはご来院ください。過ぎるようであれば電話にてお問い合わせください。

【水・土】
○8:30~13:00
□15:00~18:00(完全予約制)
※予約状況によって21:00まで対応する日あり

【月~土】
※交通事故被害者の方に限り、ご予約の上21:00まで対応

【定休日】
日・祝

所在地

〒457-0846
愛知県名古屋市南区
道徳通3丁目7

052-694-0155

料金・地図・アクセス

PageTop