オスグット病

オスグット病による痛みにお困りの方へ

 オスグット病は,別名「成長痛」ともいわれ、小学校高学年~中学生にかけて起こりやすい障害です。
 太ももの前面の筋肉が、ひざのお皿の下の骨を引っ張ることが主な原因です。
 放っておくと、太ももの前の筋肉が引っ張っている骨を徐々に剥がしてしまい、剥離骨折を起こすこともあります。
 当院では痛みを改善するための施術はもちろん,テーピング法や予防法、スポーツをする際の注意点などについてもアドバイスさせていただいております。
 オスグット病にお困りの方は,どうぞ一度ご相談ください。

具体的な施術方法

・筋膜メディ施術
・MCR微弱電流法
・超音波施術
・3D立体動態波施術器
・ハイボルテージ
・膝関節機能矯正 など、状態に合わせて行います。

オスグット病にお困りの方はスマイル鍼灸接骨院へ

1 オスグット病とは

 オスグット病は,太ももの前面の筋肉が、ひざのお皿の下の骨を引っ張ることで起こります。
 主に小学校高学年から中学生にかけての,成長期と呼ばれる時期に起こる障害です。
 成長期は身長が大きく伸びる時期でもあり,身体の成長に合わせて骨も急成長します。
 その時期に,スポーツなどによって足を酷使してしまうと,成長中のひざの骨が筋肉の引っ張る力に耐えられず,痛みを引き起こします。
 これがオスグット病です。

 

2 スマイル鍼灸接骨院がオスグット病の改善をサポート

 オスグット病による痛みが発生した直後であれば,まずはアイシングやテーピングによって,ひざ周りの関節を休めることが重要です。
 最初にしっかりとひざを休ませることで,痛みの悪化を防ぐことができます。
 また,超音波や微弱電流などによる施術も効果的といわれています。
 これらは痛みを改善するだけでなく,身体の回復力を高める効果もあるといわれており,当院でも受けていただくことができます。
 その後はストレッチや,手技による筋肉のもみほぐしなどによって,オスグット病の根本改善を目指します。
 オスグット病が再発しないための,適切なスポーツの取り組み方などについてもアドバイスさせていただくことが可能ですので,お困りの方はどうぞ当院までご相談ください。

受付時間

 
午前 -
午後 -

午前:8:30~12:00
午後:15:30~19:30
※受付終了時間の間近でもOKです。
※自動車事故施術(自賠責保険)は21:00まで対応しております。
□水曜・土曜は8:30~13:00まで通常営業となります。
△水曜・土曜の15:00~18:00のみ予約制で営業しております。

所在地

〒457-0846
愛知県名古屋市南区
道徳通3丁目7

052-694-0155

お問合せ・アクセス・地図

お役立ちリンク

  • 接骨院・整骨院ドットエキスパート

PageTop